鳥海山麓の恵み
自慢の「岩牡蠣」を安心してお召し上がりいただきたい!
「遊佐鳥海天然岩かきあんしん協議会」設立から7年。
  主に4つの取り組みを行っております。

1.岩牡蠣漁

日焼けの濃さが勲章?!

毎年6月〜8月末が岩牡蠣漁の期間。
漁に出られない日もありますが、
ほぼ毎日海での作業のため、日に日に黒く…
こんなに黒くなるのかと自分でもびっくりするほど真っ黒くなります。

2.岩盤清掃

清掃の時は、壁に沿って横移動〜

岩牡蠣漁を終わると、ひと夏お世話になった感謝を込め生息エリアの岩盤清掃を行います。(産卵最盛期の後)
海中の岩盤やブロックの表面を掃除し稚貝の定着、生育をサポートします。

3.安心安全のための技術向上・研究

ぶくぶく…!!バブル風呂です

・オゾンマイクロナノバブル洗浄: 小さな小さな泡(バブル)プールで洗浄し、砂などを吐き出させます。
(技術指導:鶴岡工業高等専門学校)
・赤外線殺菌
・先端技術の視察

4.啓蒙活動・PR

まだまだ、説明は慣れません…

・食育教室(夏休み親子食育)
・岩牡蠣まつりin吹浦2018〜
  岩牡蠣漁の現場見学、岩牡蠣剥き体験